2016.11.19
 『高階良子新選集』第3巻が発売になりました。収録作品は「悪魔たちの巣」から2話と「白い銀河鉄道」「地獄のマリア」です。「悪魔たちの巣」は雑誌掲載順、コミックス収録順とも異なる独自の掲載順になっています。
 『ミステリーボニータ』12月号に「よろず幻夜館」掲載です。最終回まであと3話です。

2016.10.13
 『ミステリーボニータ』11月号が発売になりました。「よろず幻夜館」第12話「森番小屋にて その3」掲載です。「作品リスト」、「作品詳細目録」を更新しました。
 「資料集」に先生の直筆サイン入り複製原画等を加えました。

2016.9.18
 『高階良子新選集』第2巻が発売になりました。収録作品は「悪魔たちの巣」第三話から第五話です。また、『ミステリーボニータ』10月号に「よろず幻夜館」掲載です。現在、毎号掲載中です。

2016.8.6
 『ミステリーボニータ』9月号が発売になりました。「よろず幻夜館」第10話「森番小屋にて」掲載です。「作品リスト」、「作品詳細目録」を更新しました。
 先日入手した「よろず幻夜館」の図書カードを「資料集」に加えました。

2016.7.18
 『高階良子新選集』第1巻と『よろず幻夜館』第3巻が新発売になりました。『新選集』は、『高階良子選集』全23巻、『デビュー50周年記念セレクション』全7巻に続く発行です。収録作品は「悪魔たちの巣 1」と「黄泉の小鳥」の2作品です。
 同時発売の『よろず幻夜館』第3巻の収録は、「第7話 森を継ぐ者」、「第8話 母という幻想」、「第9話 ブナに記された記憶」の3話です。『ミステリーボニータ』6月号の最新作まで収録されています。
 「コミックス一覧」、「コミックス紹介」等を更新しました。

2016.5.14
 『ミステリーボニータ』6月号が発売になりました。『ミステリーボニータ』創刊30年記念号です。「よろず幻夜館」第9話「ブナに記された記憶」掲載です。

2016.3.20
 『ミステリーボニータ』4月号が発売になりました。「よろず幻夜館」第8話「母という幻想」掲載です。「作品リスト」、「作品詳細目録」を更新しました。

2016.2.2
 『よろず幻夜館』の第2巻が発売になりました。第4話「三倍の幸せ払い」、第5話「禁じられた言葉」、第6話「途切れ途切れの記憶」収録です。「コミックス一覧」等を更新しました。

2016.1.6
 『ミステリーボニータ』2月号が発売になりました。「よろず幻夜館」第7話「森を継ぐ者」掲載です。「作品リスト」、「作品詳細目録」を更新しました。

2016.1.1
 ホームページ開設から18回目のお正月です。本年も「高階良子の部屋」をよろしくお願いいたします。

2015.11.21
 「高階良子デビュー50周年記念セレクション」第7巻が発売になりました。「ダークネス・サイコ」の7と「忘却の雫」、若木書房の貸本「ふたつの過去をさぐれ」が収録されています。この巻で、デビュー50周年記念セレクションは最終巻となりました。
 『ミステリーボニータ』12月号が発売になりました。「よろず幻夜館」第6話「途切れ途切れの記憶」掲載です。

2015.10.10
 『ミステリーボニータ』11月号が発売になりました。「よろず幻夜館」第5話「禁じられた言葉」掲載です。「作品リスト」、「作品詳細目録」を更新しました。

2015.9.19
 「高階良子デビュー50周年記念セレクション」第6巻新発売です。「ダークネス・サイコ」の6と「むらさき神話」、若木書房の貸本「ミッキーお手をどうぞ」が収録されています。
 また、ボニータコミックスの最新作『よろず幻夜館』も同時発売になりました。

2015.7.25
 「高階良子デビュー50周年記念セレクション」第5巻新発売です。「ダークネス・サイコ」の5巻で、若木書房の貸本「ミッキーの顔役」、「手折れ花」が収録されています。
 7月18日(土)、三省堂書店そごう千葉店で高階良子先生のサイン会が開催されました。この時いただいたサインを「資料集」に加えました。
 講談社から「なかよし60周年記念版」コミックスの1冊として、『地獄でメスがひかる』が復刻されました。また、『ミステリーボニータ』8月号には、「よろず幻夜館」第4話「三倍の幸せ払い」が掲載されました。これらのデータも加えました。

2015.6.6
 『ミステリーボニータ』7月号が発売になりました。「よろず幻夜館」第3話「ヤモリと呼ばれた娘」掲載です。「作品リスト」、「作品詳細目録」を更新しました。
 2014年12月号のプレゼント、「黒とかげ」の図書カードを「資料集」に加えました。

2015.5.18
 コミックス「高階良子デビュー50周年記念セレクション」第4巻新発売です。「ダークネス・サイコ」の4巻目で、表題作の他に若木書房の貸本「おかしなおかしなあいつ」、昭和58年『プリンセス』掲載の「天使の胎内」が収録されています。

2015.4.25
 コミックス「高階良子デビュー50周年記念セレクション」第3巻新発売です。「ダークネス・サイコ」の3巻目で、表題作の他に若木書房の貸本「すきとおった世界」が収録されています。(アップするのを忘れて、だいぶ遅い更新になってしまいました。)

2015.3.6
 『ミステリーボニータ』4月号が発売になりました。「よろず幻夜館」第2話「闇から覗く顔」掲載です。作品リスト、作品詳細目録を更新しました。

2015.2.8
 『ミステリーボニータ』3月号が発売になりました。新シリーズ「よろず幻夜館」掲載です。今号掲載の第1話「あの子はどこに居る?」は巻中カラー60ページ。「幻想夜話」の美弥子たちが便利屋稼業で大活躍です。
 ぶんか社発行の『まんがグリム童話』の平成26年11月号に、高階良子先生の新作「ヘンゼルとグレーテル」が掲載されました。巻中カラー61ページ、「白雪姫〜王子様の事情〜」と併せて、コミックス化が待ち遠しいですね。

2015.1.19
 コミックス「高階良子デビュー50周年記念セレクション」第2巻新発売です。「ダークネス・サイコ」の2巻目で、表題作の他に「地獄でメスが光る」「誰かさんと誰かさん」の計3作収録です。
 また、殺人事件シリーズの最新作『モンスター殺人事件』も発売になりました。近作の「誰も知らない殺人事件」「マドンナ殺人事件」「モンスター殺人事件」の3作品を収録しています。

2015.1.1
 ホームページ開設から17回目のお正月です。本年も「高階良子の部屋」をよろしくお願いいたします。

2014.11.16
 高階良子先生、デビュー50周年、おめでとうございます。コミックス「高階良子デビュー50周年記念セレクション」がスタートしました。第1巻には、先生の雑誌デビュー作「夕やけ雲はしっている」も収録されています。
 『ミステリーボニータ』12月号は「高階良子画業50周年記念号」で、スペシャル企画として、先生の足跡をたどる作品年表「高階良子クロノロジー」、デビューから未来までを語る「スペシャルインタビュー」が掲載されています。

2014.8.16
 『高階良子選集』第23集 [黒とかげ]新発売です。収録作品は主題作のほか、「パンドラの秘密」「むかし空から」「ふたりの兄貴」の3作品です。『高階良子選集』はこの巻が最終刊となります。
 「雑誌特集号」のページに、「黒とかげ特集号」など『なかよし』特集号を加えました。

2014.8.8
 『ミステリーボニータ』9月号が発売になりました。高階良子先生「モンスター殺人事件」掲載号です。全3部作の第2部になります。
 コミックス紹介のページを改定しました。一応これで完成です。あとは新コミックスが発売された時に更新していきます。

2014.7.7
 『ミステリーボニータ』8月号が発売になりました。高階良子先生「モンスター殺人事件」掲載号です。全3部作の第1部スタートとのことです。
 コミックス紹介のページを少し改定しました。また、国会図書館での初出確認の結果を作品リストに反映させました。

2014.6.24
 ぶんか社から『高階良子傑作選 漆黒の悪夢』が発売になりました。雑誌増刊号という形です。収録作品は「月下の赤い溜の中で」、「理科室殺人事件」、「真珠色の仮面」、「炎の華」、「紫陽花色に雨の向こう」、「防空壕」の6作品です。「雑誌特集号」の項に加えました。

2014.6.17
 『高階良子選集』第22集 [魔界樹 2]新発売です。収録作品は主題作のほか「時の迷路」「バラのそよ風」の2作品です。
 また、5月16日に、新コミックス『幻想夜話』が発売になっています。まだ載せていなかったので、こちらも含めて更新しました。

2014.5.8
 『ミステリーボニータ』6月号が発売になりました。高階良子先生「マドンナ殺人事件」掲載号です。殺人事件シリーズの新作です。

2014.4.18
 『高階良子選集』第21集 [魔界樹 1]新発売です。収録作品は主題作のほか「哀島洞窟」「樹霊の窓」の2作品です。

2014.4.5
 『ミステリーボニータ』5月号が発売になりました。高階良子先生「誰も知らない殺人事件」掲載号です。久し振りの殺人事件シリーズ新作です。

2014.2.17
 『高階良子選集』第20集 [緋色の悪夢]新発売です。収録作品は主題作のほか「海神(ポセイドン)の島」「藍色伝説」の2作品です。 今回は「海神の島」と「藍色伝説」に描き足しがされています。

2014.2.9
 『ミステリーボニータ』3月号が発売になりました。高階良子先生「幻想夜話−夢の溜り−」掲載号です。別冊ふろくは『アドニスの憂鬱な日々』より「コミカル ファイナル コレクション」です。最終話の「球へ願いを」と「影がおどる夜」が収録されています。

2014.1.1
 ホームページ開設から16回目のお正月です。本年も「高階良子の部屋」をよろしくお願いいたします。

2013.12.19
 『高階良子選集』第19集 [バラ色の悲劇]新発売です。表題作の他に「血とばらの悪魔」が収録されています。

2013.11.9
 『ミステリーボニータ』12月号が発売になりました。高階良子先生の新シリーズ「幻想夜話−菌糸のささやき−」掲載です。巻頭カラー90ページで、雑誌表紙も高階良子先生です。別冊ふろくは『アドニスの憂鬱な日々』より「コミカル クライマックス コレクション」。Detective17「人はそれを運命と呼ぶ」とDetective18「六っつめとの遭遇」が収録されています

2013.10.28
 『高階良子選集』第18集 [ドリーム・ドーム]新発売です。表題作の他に「はるかなるレムリアより」が収録されています。
 同日、ボニータコミックス『デスハウス−死の家−』も発売になりました。『ミステリーボニータ』の8月号、9月号に掲載された作品です。
 『月刊まんがグリム童話』の11月号に「白雪姫〜王子様の事情〜」が掲載されました。併せてデータを更新しています。

2013.8.18
 『高階良子選集』第17集 [赤い迷路]新発売です。収録作品は表題作の他「防空壕と」「いじわるキューピット」の計3作です。今後、「いじわるキューピット」のように、現在読むことが難しい初期の作品も収録していただきたいですね。

2013.8.13
 『ミステリーボニータ』9月号が発売になりました。高階良子先生「デスハウス−死の家」の後編「魔界の邪鬼」掲載です。巻頭カラー90ページ。別冊ふろくは『ダークネス・サイコ』の第3話「木霊」、第4話「悪夢の町」が収録されています。

2013.7.16
  『−クロノス−漆黒の神話』の最終巻、第7巻が発売になりました。第13話「危険な解放」と第14話「約束の野へ」を収録しています。
 『ミステリーボニータ』8月号に、巻頭カラーで「デスハウス−死の家− 前編 開けてはならない扉」掲載です。後編は9月号の掲載予定です。
 ブログではすでに触れましたが、先生のイラスト(挿絵)の情報を『資料集』の中にアップしました。

2013.6.14
 『高階良子選集』第16集 [シャンバラ(下)]新発売です。収録作品は「シャンバラ」の後半部分と「さすらいの口笛」です。

2013.5.10
 『ミステリーボニータ』6月号が発売になりました。高階良子先生「−クロノス−漆黒の神話」第14話「約束の野へ」掲載号です。今回が最終話となります。別冊ふろくは『アドニスの憂鬱な日々』より「コミカル スリリング コレクション」です。Detective15「六連星・六っつめの珠の主−その2−」とDetective16「死者の館」が収録されています。各作品に2ページの描き足しがあります。

2013.4.20
 『高階良子選集』第15集 [シャンバラ(上)]新発売です。収録作品は「シャンバラ」の前半部分の1作です。

2013.2.15
 『高階良子選集』第14集 [赤い影]新発売です。収録作品は「赤い影」「死者の狩人」の2作品です。 今回は表題作の「赤い影」に10ページの描き足しがされています。

2013.2.6
 『ミステリーボニータ』3月号が発売になりました。高階良子先生「−クロノス−漆黒の神話」第13話「危険な解放」掲載号です。別冊ふろくは『アドニスの憂鬱な日々』より「コミカル ブリリアント コレクション」です。Detective12「夕霧峠に鵺が泣く」とDetective14「六連星・六っつめの珠の主−その1−」が収録されています。

2013.1.22
 『−クロノス−漆黒の神話』の第6巻が発売になりました。第11話「危険な降臨」と第12話「危険な断崖」を収録しています。第13話は、2月6日発売の『ミステリーボニータ』3月号に掲載の予定です。

2013.1.1
 ホームページ開設から15回目のお正月です。本年も「高階良子の部屋」をよろしくお願いいたします。

2012.12.17
 『高階良子選集』第13集 [悪魔たちのパラダイス] が発売になりました。収録作品は「悪魔たちのパラダイス」、1作です。オリジナルコミックス収録時は2巻に分けての収録でしたが、今回は第3話までまとめて収録です。第3話「蒼き獣」に10ページの描き足しがされています。

2012.11.7
 『ミステリーボニータ』12月号が発売になりました。高階良子先生「−クロノス−漆黒の神話」第12話「危険な断崖」掲載号です。別冊ふろくは『アドニスの憂鬱な日々』より「コミカル ファンタスティック コレクション」です。Detective9「タグの殺人」とDetective13「殺ったのはどっちだ!?」が収録されています。
 「作品リスト」のページの更新を続けています。まだまだ掲載誌未確認の作品は多いですね。

2012.10.18
 『高階良子選集』第12集 [緋色の花冠] が発売になりました。収録作品は「緋色の花冠」「闇より来たりて・・・!」「花をさがして」「影がおどる夜」「真夜中にベルが鳴る」の5作品です。 今回は表題作の「緋色の花冠」に「効果的に・・・?」描き足したとのこと。

2012.8.19
 高階良子先生の『高階良子選集』第11集 [蛭子(下)] が発売になりました。収録作品は「蛭子(第4話〜6話)」「死神の歌がきこえる」の2作品です。
 「蛭子」については、今回は「内容を特に変えてはいないものの、不満な部分に少々手を加えました」とのこと。選集とコミックスのページ数の比較をしてみると、第5話が4ページ、第6話が2ページの加筆がされています。
 なお、選集第10集の「蛭子」初出が誤っていましたので、訂正しました。
 「コミックス紹介」のページに若木書房「ひまわりブック」「高階良子チャーム劇場」をアップしました。「ひまわりブック」の表紙は他の方が描かれていると思います。とびらページを載せる方が良いのかも知れませんね。

2012.8.7
 『ミステリーボニータ』9月号が発売になりました。高階良子先生「−クロノス−漆黒の神話」第11話「危険な降臨」掲載号です。別冊ふろくは『ダークネス・サイコ』より第一話と第二話が収録されています。

2012.7.18
 『−クロノス−漆黒の神話』の第5巻が発売になりました。第9話「危険な海」と第10話「危険な覚醒」を収録しています。第11話は、8月6日発売の『ミステリーボニータ』9月号に掲載の予定です。

2012.6.24
 高階良子先生の『高階良子選集』第10集 [蛭子(上)] が発売になりました。収録作品は「蛭子」「血の花の伝説」「青い雨の追憶」の3作品です。今回は「蛭子3〜Nightmare3 群雲の彼方〜」に描き足しがされています。
 「コミックス紹介」のページに若木書房「名作漫画総集ブック」「ティーン・コミックス」をアップしました。

2012.5.7
 『ミステリーボニータ』6月号が発売になりました。高階良子先生「−クロノス−漆黒の神話」第10話「危険な覚醒」掲載号です。別冊ふろくは『アドニスの憂鬱な日々』より「コミカル メランコリック コレクション」です。

2012.4.21
 高階良子先生の『高階良子選集』第9集 [メディアの薔薇] が発売になりました。収録作品は「メディアの薔薇」「くらやみに悪魔が!」「ばらのためいき」の3作品です。今回は「メディアの薔薇」に描き足しがされており、雑誌掲載時と比較すると14ページも描き足されています。
 「コミックス紹介」のページに若木書房「ティーン・コミックス・デラックス」をアップしました。

2012.2.16
 高階良子先生の『高階良子選集』第8集 [人形の囁き] が発売になりました。収録作品は「人形の囁き」「魔境の浮舟」「死は蜜の匂い」「終わりのない夜」の4作品です。 今回は「人形の囁き」のラストに4ページの描き足しがあります。
 コミックス紹介の秋田書店分をアップしました。

2012.2.6
 『ミステリーボニータ』3月号が発売になりました。高階良子先生「−クロノス−漆黒の神話」第9話「危険な海」掲載号です。今号は「高階良子大特集号」とのこと。別冊ふろくは『アドニスの憂鬱な日々』より「コミカル エレガンス コレクション」です。

2012.1.16
 『−クロノス−漆黒の神話』の第4巻が発売になりました。第7話「危険な願望」と第8話「危険な関係」を収録しています。第9話は、2月6日発売の『ミステリーボニータ』3月号に掲載の予定です。

2012.1.1
 ホームページ開設から14回目のお正月です。本年も「高階良子の部屋」をよろしくお願いいたします。

2011.12.18
 高階良子先生の『高階良子選集』第7集 [魔獣封印] が発売になりました。収録作品は「魔獣封印」「遠い闇より」「白い蝶の伝説」「闇からの訪問者」「海に還る島」の5作品です。 今回は「魔獣封印」に大幅に描き足しをしたとのことです。
 毎回楽しみな、「あとがきのかわりの雑談」は「オーストラリア旅行記その1」です。

2011.11.13
 『ミステリーボニータ』12月号が発売になりました。高階良子先生「−クロノス−漆黒の神話」第8話「危険な関係」掲載です。 巻頭カラー90ページ。

2011.10.19
 高階良子先生の『高階良子選集』第6集 [人呼谷伝説] が発売になりました。収録作品は「人呼谷伝説」「密林の彼方 永久の谷」「魔性の胎内」の3作品です。
 今回は「人呼谷伝説」に集中して描き足しをしたとのこと。オリジナルが100ページであったのに対して、選集版では110ページになっており、10ページが加筆されています。これまでの選集の加筆は物語を大きく変えるものではありませんでしたが、「人呼谷伝説」はラストに10ページの「描き足し」、必見です。

2011.10.13
 ぶんか社からホラーMコミック文庫『蘭の家』が発売になりました。収録作品は「蘭の家」「永遠の糸車」「花の殺意」「ぜんまいじかけの時間」「渚の聖母」「挽歌」「墓の中から」の7作品です。 「永遠の糸車」は三村尚氏の原作、「挽歌」は原田康子氏の原作を池田悦子氏が脚色しています。
 入手困難な作品が文庫化されるのはうれしいですね。高階良子先生の「あとがき」によると、「実は他にも四十年以上前の、未発表のまま封印してしまった作品がありまして、どうやらそれも文庫化される事になりそうです・・・・・・」とのこと。これは楽しみですね。この機会にぜひ、貸本時代の作品も文庫化(単行本化)してほしいです。

※下の8月6日と10日、28日分の更新がアップしてなかったようです。今回まとめての更新になります。(一部未完成の部分があり、それを終わらせてからアップと考えていて、そのまま忘れてしまったようです。申し訳ありませんでした。)

2011.8.28
 『高階良子選集』第5集 [月下の赤い溜の中で] が発売になりました。収録作品は「月下の赤い溜の中で」「雪降る夜の訪問者」「深淵の蒼い溜」「たゆとう歳月のうつろ船」の4作品です。「描き足しはこの中の「深淵の蒼い溜」に集中させました」とのことで、同作品はコミックス収録時の101ページが、選集では108ページになっています。

2011.8.10
 ぶんか社からホラーMコミック文庫『ピアノソナタ殺人事件』が発売になりました。収録作品は「ピアノソナタ殺人事件」「学園祭殺人事件」「交換日記殺人事件」「円の中の殺人事件」の4作品です。地元の書店には入荷しないので、注文をしました。
 10月8日には『蘭の家』発売予定とのこと。初コミックス化の「挽歌」も収録とのことで、こちらも予約をしました。

2011.8.6
 『ミステリーボニータ』9月号が発売になりました。高階良子先生「−クロノス−漆黒の神話」第7話「危険な願望」掲載号です。別冊ふろくは『アドニスの憂鬱な日々』より「コミカル サスペンス コレクション」です。

2011.7.23
 『−クロノス−漆黒の神話』の第3巻が発売になりました。第5話「危険な杜」と第6話「危険な遭遇」を収録しています。第7話は、8月6日発売の『ミステリーボニータ』9月号に掲載の予定です。

2011.7.8
 文庫版の『新マジシャン』第4巻が発売になりました。「マジシャン」最終巻です。

2011.6.23
 『高階良子選集』第4集[ワクワク島幻想]が発売になりました。収録作品は「ワクワク島幻想」「ふしぎな森のマンドラゴラ」「妖かしの庭園」の3作品です。
 また、ぶんか社のデジタルコミック雑誌『デジタルホラーM』6、7号に「扉の向こうで蠢くもの」が収録されました。(同作品はホラーMコミック文庫『危険な神話』に収録されています。)

2011.6.5
 しばらく更新できませんでした。3月11日に東日本大震災がありました。この間に、文庫版『新マジシャン』第3巻、『高階良子選集』第3巻が発売になりました。また、『ミステリーボニータ』6月号が発売になりました。高階良子先生「−クロノス−漆黒の神話」第6話「危険な遭遇」が掲載されています。別冊ふろくは『アドニスの憂鬱な日々』より「コミカル ディテクティブ コレクション」です。遅くなりましたがデータを加えました。

2011.3.11
 昨日、ぶんか社からホラーMコミック文庫『危険な神話』、『修学旅行殺人事件』の2冊が発売になりました。
 収録作品は、『危険な神話』が「危険な神話」「扉の向こうで蠢くもの」「炎の華」「女郎蜘蛛」「シンデレラの日々」「沙羅」「裏切り者への贈り物は生命」の7作品、『修学旅行殺人事件』が、「修学旅行殺人事件」「課外授業殺人事件」「理科室殺人事件」の3作品です。

2011.2.19
 2月16日(水)、『高階良子選集1 死の媚薬 闇の呪文』 『高階良子選集2 緋の紋章』の2冊が発売になりました。収録作品は、第1巻が「死の媚薬 闇の呪文」「燃える妖星」「魔性の祭壇」の3作、第2巻が「緋の紋章」「御霊夜叉」「死面伝説」の3作です。
 各作品のオリジナルコミックスへの収録は次の通りです。
「死の媚薬 闇の呪文」は『死の媚薬 闇の呪文』。「燃える妖星」、「魔性の祭壇」は『魔性の祭壇』。
「緋の紋章」は『紅蓮転生』。「御霊夜叉」は『メディアの薔薇』。「死面伝説」は『死面伝説』です。
 「大幅加筆による完全版」と帯にあるとおり、『高階良子選集 1』はオリジナルコミックスより計10ページの増加、『高階良子選集 2』は計2ページの増加となっています。

2011.2.5
 『ミステリーボニータ』3月号が発売になりました。「−クロノス−漆黒の神話 第5話・・・危険な杜」掲載です。巻頭カラー90ページ。 別冊ふろくは「コミカル ミステリー コレクション」、『アドニスの憂鬱な日々』より2編が収録されています。
 また、2011年2月16日(水)には、『高階良子選集1 死の媚薬 闇の呪文』 『高階良子選集2 緋の紋章』の2冊が同時発売の予定です。

2011.1.16
 『−クロノス−漆黒の神話』の第2巻が発売になりました。シリーズ第3話と第4話を収録しています。第5話は、2月5日発売の3月号に掲載されるようです。楽しみですね。

2011.1.7
 文庫版の『新マジシャン』第2巻が発売になりましたので、データを加えました。

2011.1.1
 ホームページ開設から13回目のお正月です。本年も「高階良子の部屋」をよろしくお願いいたします。

2010.12.31
 この一年間ありがとうございました。新年に引っ越す予定です。

2010.12.24
 『ミステリーベルベット』に掲載された幻の作品「危険な神話」が、ぶんか社のデジタルコミック雑誌『デジタルホラーM』4号に収録されました。 今号は前編で、次号に後編が掲載されるようです。 掲載雑誌の廃刊のため未完となっいました。
 現在『ミステリーボニータ』連載中の「クロノス−漆黒の神話−」のもととなった作品ですが、設定はかなり変わっていますので、必見です。

2010.11.6
 『ミステリーボニータ』12月号が発売になりました。「−クロノス−漆黒の神話 第4話・・・危険な運命」掲載です。巻頭カラー90ページ! 別冊付録「高階良子殺人事件特選集」には「首吊り坂殺人事件」「死は蜜の匂い」の2編が収録されています。
 なお、『−クロノス−漆黒の神話』第2巻が2011年1月14日(金)発売決定とのことです。

2010.10.20
 文庫版の『新マジシャン』第1巻が発売になりました。

2010.8.15
 『ミステリーボニータ』9月号が発売になりました。「−クロノス−漆黒の神話 第3話・・・危険な香り」掲載です。巻頭カラー長編96ページ! 別冊付録「高階良子殺人事件ベストセレクション」には「サーカス殺人事件」「ドリーム・ドーム」「花をさがして」の3編が収録されています。

2010.7.13
 秋田書店からボニータ・コミックス『−クロノス−漆黒の神話』第1巻が発売になりました。現在『ミステリーボニータ』連載中の新シリーズです。
 「コミックス紹介」のページに秋田文庫の項を作りました。文庫版マジシャン等です。

2010.7.9
 ホラーMコミック文庫版の『赤い沼』、『グリーンエンゼル』、秋田文庫版の『ナーギの塔』が新発売になりました。各コーナーに情報を加えました。

2010.6.18
 ぶんか社様からホラーMコミック文庫新刊の情報と、書影の「初校のカバー」を頂きました。『赤い沼』『グリーンエンゼル』の2冊が、7月9日(金)発売予定です。
 収録作品は次の通りです。各作品とも初めての文庫収録とのことです。
『赤い沼』
 ・「哀島洞窟」
 ・「防空壕」
 ・「樹霊の窓」
 ・「ふしぎな国の黒兎」
『グリーンエンゼル』
 ・「海神の島」
 ・「藍色伝説」
 ・「むかし空から」
 ・「妖花」
 また、同日7月9日に、秋田書店から文庫版『ナーギの塔』発売です。(『AKITA Web Station』新刊情報)

2010.6.11
 コミックス紹介のページを作りました。ここで、少しずつですが書影を紹介していきたいと思います。コミックス一覧のページを作りかえることも考えたのですが、時間がかかりすぎるので、別コーナーを設けることにしました。
 なお、当初から予定していた「バイオグラフィー」のコーナーを外しました。作成を止めたわけではないのですが、ひとつ困ったことがあり、公開しないでいます。
 それは、作家の生年月日の記載についてなのです。以前掲示板を設置していた時に、高階先生のファンの方から、生年を記載するのは失礼に当たるという指摘を頂きました。確かに他のファンページを見ても、女性漫画家の生年は記載されておりません。コミックスの作者紹介も、以前は生年月日が記載されていたと思うのですが、今は月日だけです。
 バイオグラフィーの作成には、生年を記載するのは不可欠なので、当面公開を見合わせているわけです。

2010.5.17
 秋田文庫版『インカ幻帝国』が新発売になりました。4月に発売になったようですが、見落としていました。さっそくコミックスリストに加えました。

2010.5.12
 秋田書店様からコミックス等書影掲載の許可をいただきました。「雑誌別冊ふろく」のコーナーを作成し、最近の別冊付録を掲載いたしました。順次さかのぼって参ります。
 コミックスの書影についても掲載し、高階先生の作品を皆様に知っていただけるよう、努めて参りたいと考えております。なお、問題が生じた場合は、書影は削除いたします。
 『ミステリーボニータ』6月号が発売になりました。「−クロノス−漆黒の神話 第2話危険な選択」掲載です。別冊付録「高階良子殺人事件スペシャル」には「緋色の悪夢殺人事件」「時の迷路殺人事件」「闇より来たりて・・・!」が収録されています。別冊付録のために加筆されている作品もありますので、お早めにお求めください。

2010.2.21
 ぶんか社様からコミックス等書影掲載の許可をいただきましたので、トップページ及び「雑誌特集号」のページに書影を入れました。コミックス一覧の「ぶんか社コーナー」につきましては、デザインをどうするか考慮中ですが、なるべく早く公開したいです。順次、他の出版社にもお願いしてまいりたいと考えております。なお、当然ながら著作権は著者及び出版社に属しております。

2010.2.13
 ホラーMコミック文庫の『化石の島』『竜神氏の遺産』の2冊が発売になりました。発売日の10日に近所の書店へ行ってみたのですが見つからず、11日に神栖市の大きな書店で購入しました。今回のあとがきは、銚子市の猿田神社への初詣(『化石の島』)、雑誌デビューの頃のスランプの話(『竜神氏の遺産』)など興味深い内容です。デビュー前の『新児童少女漫画界』や若木書店でのデビューのお話なども詳しくお伺いしたいですね。

2010.1.31
 ぶんか社から「ホラーM 3月号増刊」として『高階良子傑作集 赤い恐怖 Vol.2』が発売になりました。「グリーンエンゼル」を収録しています。現在原稿が紛失しているとのことで、掲載雑誌からの収録です。昨年発行された文庫版『昆虫の家』のあとがきにある、「複数の高校文化祭に貸し出した」まま戻ってこない原稿の一部なのでしょうか。それにしても無責任な高校生ですね。高校名がわかれば、当時の部員も判明するのではないでしょうか。ぜひ戻ってきて欲しいものです。
 続いて、2月10日には文庫コミックス『化石の島』『竜神氏の遺産』の2冊が発売予定です。楽しみですね。今後もこのような増刊号+文庫本の形態で発行して欲しいです。また増刊号には、古い貸本時代の作品の再録なども期待したいですね。
 雑誌特集号や雑誌付録も相当な数になりますので、今年は「雑誌特集号」「雑誌付録」のコーナーも作る予定です。

2010.1.6
 『ミステリーボニータ』2月号が発売になりました。新シリーズ「−クロノス−漆黒の神話」掲載です。また、別冊付録として、「高階良子殺人事件簿」194ページが付いています。収録作品は「園芸部殺人事件」と「緋色の花冠」です。

2010.1.1
 ホームページ開設から12回目のお正月です。本年も「高階良子の部屋」をよろしくお願いいたします。

2009.10.23
 『高階良子殺人事件シリーズ ザ・ベスト 吸血鬼殺人事件』が発売になりました。コミックス等に情報を掲載いたしました。

2009.9.27
 資料集のグッズに「マジシャン」のCDを加えました。LPレコード、カセットに加えて初CD化されたことになります。発売は4年ほど前になります。また、高階良子先生のテレホンカードについてもアップしました。私が持っているのは「ボニータ THE 12TH ANNIVERSARY」の一枚だけです。

2009.9.13
 ぶんか社からの文庫本2冊の発売に加えて、『ミステリーボニータ』9月号は「花の迷路殺人事件」と別冊ふろく『戦慄の殺人事件簿』と8月初旬は「高階良子週間」のような状況でした。発売されてすぐ購入したのですが、アップが遅くなってしまいました。

2009.8.3
 ぶんか社から「ホラーM 9月1日増刊号」として『高階良子傑作集 赤い恐怖』が発売になりました。8月中に文庫本が2冊出版されるのは承知していたのですが、この増刊号はうれしい不意打ちでした。コミックスではないのですが、「ぶんか社コミックス」に分類してあります。また、「作品詳細目録」中の作品目録5にデータを加えました。

2009.4.7
 『ミステリーボニータ』5月号が発売になりました。「90P大長編&194P別冊ふろく 高階良子ミステリー特集号」です。表紙イラストも高階良子先生。巻頭カラー大長編は「吸血鬼殺人事件」、”死体、地下室、銀のナイフ・・・高階ミステリーの最高峰!”とのことです。また、別冊付録「高階良子殺人事件ザ・ベスト」は著者自選の傑作ミステリー3編収録。作品は「メディアの薔薇」「カナリア殺人事件」「理由のない殺人」です。

2009.1.25
 『ミステリーボニータ』2月号が発売になりました。「遠い日の殺人事件」掲載です。また、別冊付録として、「高階良子殺人事件File」194ページが付いています。収録作品は「海の城砦殺人事件」と「防空壕殺人事件」です。「海の城砦殺人事件」は10ページほど描き足してあり、「防空壕殺人事件」は大分以前に「防空壕」として発表した作品を、今回「殺人事件シリーズ」に組み入れたとのことです。

2009.1.3
 『ボニータ イブ』昭和61年1月15日号、『エレガンス イブ』昭和59年No.2を入手しました。「永遠の糸車」 「花の殺意」掲載号です。作品リスト等にデータを加えました。なお、「永遠の糸車」については
コミックスでは1/1号掲載となっているのですが、正しくは1/15号となります。

2009.1.1
 ホームページ開設から11回目のお正月です。本年も「高階良子の部屋」をよろしくお願いいたします。
 『ヤングレディ』昭和52年1月25日号を入手しました。「白い旋律」掲載号です。作品リスト等にデータを加えました。

2008.12.28
 『新マジシャン』の第8巻、最終巻の情報をアップしました。大分遅くなってしまいました。「まとめとあとがき」として、3ページにわたり、近況も含めて「マジシャン」の最後について書かれておられます。

2008.11.16
 『別冊ビバ プリンセス』昭和59年春季号を入手しましたのでデータに加えました。「むらさき神話」掲載号です。

2008.11.1
 開設10周年を迎えました。情報が遅くなりましたが『ミステリボニータ』の10月号購入しました。「新マジシャン」最終回掲載です。秋田書店Webステーションによるとコミックス第8巻は11月14日発売の予定です。

2008.8.10
 『ミステリーボニータ』9月号が発売になりました。「新マジシャン story20:ラスト・イリュージョン<前編>」掲載です。ついに10月号が最終回となります。また、別冊ふろくとして [高階良子 殺人事件傑作選] が付いています。

2008.6.28
 遅くなりましたが『ミステリーボニータ』7月号を入手しました。「新マジシャン story19:別離の空<後編>」掲載です。

2008.5.11
 『ミステリーボニータ』6月号が発売になりました。「新マジシャン story19:別離の空<前編>」掲載です。

2008.5.7
 『別冊ビバ プリンセス』昭和60年冬季号を入手しましたのでデータに加えました。「哀島洞窟」掲載号です。

2008.5.1
 『新マジシャン』の第7巻入手しましたので、データを加えました。「「マジシャン」もついに 昌吾の命と共に、終わりに近づいてまいりました。どうか 最後まで見守ってやってくださいませ。」

2008.3.26
 『ミステリーボニータ』3月号に「新マジシャン story18:遠い空の果て(後編)」掲載です。なお、コミックス最新刊 『新マジシャン』7巻は4月発売決定とのことです。

2008.1.13
 『ミステリーボニータ』2月号に「新マジシャン story18:遠い空の果て(前編)」掲載です。

2008.1.1
 ホームページ開設から10回目のお正月です。本年も「高階良子の部屋」をよろしくお願いします。

2007.10.8
 『ミステリーボニータ』10月号が発売になりました。「新マジシャン story17:パンドラの箱(後編)」掲載です。(11月号が発売になりましたので、一月遅れのデータ更新となってしまいました。)

2007.9.2
 『新マジシャン』コミックス第6巻が発売になりました。データ更新が少し遅くなりましたが、情報を加えました。

2007.8.12
 『ミステリーボニータ』9月号が発売になりました。「新マジシャン story17:パンドラの箱(前編)」掲載です。「story」のナンバーについては、混乱が見られましたが、結局前後編を同じナンバーにすることになったようです。「story15:白い影」、「story16:逆光」、「story17:パンドラの箱」となります。
 『新マジシャン』のコミックス第6巻が8月16日(木)の発売となります。

2007.6.15
 『ミステリーボニータ』7月号が発売になりました。「新マジシャン story18:逆光(後編)」掲載です。

2007.6.3
 『ミステリーボニータ』6月号に「新マジシャン story16:逆光(前編)」掲載です。

2007.4.22
 『別冊ビバ プリンセス』昭和55年秋季号を入手しましたのでデータに加えました。「炎のマダムペレ」掲載号です。

2007.1.17
 『ミステリーボニータ』2月号に「新マジシャン story15:白い影(前編)」掲載です。待望のシリーズ再開です。
 本年も「高階良子の部屋」をよろしくお願いします。

2006.12.17
 『希望の友』昭和52年12月号を入手しました。「銀色の谷」最終回掲載号です。また『なかよし』昭和50年5月号を入手しました。「はるかなるレムリアより」最終回掲載号です。これで両作品とも掲載誌を揃えることができました。

2006.11.16
 待望の新刊『殺人事件シリーズ ザ・ベスト 首吊り坂殺人事件』が発売になりました。コミックス等に情報を掲載いたしました。

2006.11.1
 11月1日で開設8周年を迎えました。これからもよろしくお願いします。

2006.9.24
 「呪われた石(ダイヤ)殺人事件(後編)」掲載の『ミステリーボニータ』10月号を入手しましたので、データを加えました。雑誌の購入が少し遅れたので、近所の書店で見つけることができず、焦りました。

2006.9.10
 『プリンセス』昭和56年1月号を入手しましたので、データに加えました。「遠い丘のセラファータ」掲載号です。

2006.8.13
 『ミステリーボニータ』9月号に「呪われた石(ダイヤ)殺人事件(前編)」掲載です。

2006.7.23
 『ミステリーボニータ』8月号に「首吊り坂殺人事件(後編)」掲載です。

2006.6.21
 1971年発行の『なかよし』を4冊入手しました。現代マンガ図書館で確認はしていますが、入手できるとうれしいです。

2006.4.30
 高階先生の作品掲載の『プリンセスゴールド』を2冊入手しましたので、データに加えました。

2006.1.1
 本年も「高階良子の部屋」をよろしくお願いします。

2005.12.30
 今回もまとめての更新、アップとなります。
・『月刊ホラーM』の2004年12月号をヤフーオークションで入手しました。「ドクターGの島・前編」掲載号です。
・『ミステリーボニータ』12月号に、別冊付録として「赤い迷路」が付いています。
・ソノラマコミック文庫から高階良子ホラー・ワールド 2、『妖かしの密林』発売です。
・『新マジシャン』第5巻が発売になりました。

2005.10.1
 更新が滞っておりました。何点かまとめて更新、アップしました。
・「初恋のシュプール」掲載の『別冊少女フレンド』昭和44年2月号を入手しました。
・「インカ幻帝国」の掲載された『プリンセス』2冊入手。このあたりの雑誌はオークションでも競争が激しく、入手できないものも多いです。
・『ミステリーボニータ』8月号に「新マジシャン」掲載です。
・ソノラマコミック文庫から高階良子ホラー・ワールド 1、『終わりのない夜』発売です。
・『新マジシャン』第4巻が発売になりました。
・『ミステリーボニータ』10月号に「新マジシャン」掲載です。

2005.6.20
 ぶんか社から創刊された「ホラーMコミック文庫」の第1弾として、『ドクターGの島』が発売になりました。雑誌「月刊ホラーM」に同作品が再録されましたが、まさか文庫化されるとは思っていなかっただけに、書店で見つけた時は飛び上がってしまいました。うれしい驚きです。これからも期待したいです。
 『ミステリーボニータ』7月号発売、「新マジシャン」掲載です。

2005.5.8
  『ミステリーボニータ』6月号発売、別冊付録として「血まみれ観音」が付いています。これはお得です。ぜひお買い求めください。

2005.3.24
 「うわさのふたり」の掲載された『別冊少女フレンド』昭和43年11月号を入手しましたので、情報を加えました。

2005.3.6
 『ミステリーボニータ』4月号発売、「新マジシャン」掲載です。

2005.2.20
 『ピアノソナタ殺人事件』(ボニータコミックスα)を入手しましたので、コミックス一覧に加えました。

2005.2.13
 『ミステリーボニータ』3月号発売、「新マジシャン」掲載です。なお『ピアノソナタ殺人事件』(ボニータコミックスα)発売中とのことです。さっそく探してみます。

2005.1.1
 本年も「高階良子の部屋」をよろしくお願いします。

2004.12.4
 『海の城砦殺人事件』(ボニータコミックスα)が発売になりましたので、コミックス一覧に加えました。

2004.11.7
  『ミステリーボニータ』12月号発売、「新マジシャン」掲載です。なお『海の城砦殺人事件』(ボニータコミックスα)が11月18日発売とのことです。

2004.10.18
 『なかよし』3冊を入手。昭和46年ころの『なかよし』は入手が難しいです。

2004.9.1
 『ミステリーボニータ』9月号、8月6日発売、入手しました。『甘美なる恐怖の世界へ〜高階良子初期ミステリー傑作選〜』が別冊付録です。

2004.8.1
 『ミステリーボニータ』8月号に「カナリア殺人事件」掲載です。8月6日(金)発売の9月号には「甘美なる恐怖の世界へ」と題して、初期ミステリー傑作選が別冊付録として付きます。「化石の島」「死神の歌がきこえる」の2作を収録です。楽しみですね。

2004.5.23
 『新マジシャン』第3巻が発売になりました。また『ミステリーボニータ』6月号に「海の城砦殺人事件」掲載です。

2004.4.1
 トップページを作り替えました。各部屋にうまくリンクされているでしょうか。少し心配です。
 『ミステリーボニータ』4月号の情報がまだでしたので加えました。今回は殺人事件シリーズで「理由のない殺人」掲載です。

2004.2.27
 先生の作品掲載の『なかよし』を3冊入手しました。まだまだ未入手の雑誌は多いです。

2004.1.18
 『ミステリーボニータ』2月号が発売になりました。「新マジシャン」が巻頭カラーで掲載されています。
 『増刊なかよし』の昭和53年6月号を入手しました。高階先生の「ばらのためいき」掲載号です。高階先生の作品掲載雑誌はすべて集めたいと思っていますので、ご協力をよろしくお願いいたします。

2004.1.1
 本年も「高階良子の部屋」をよろしくお願いします。

2003.12.7
 まだ未完成なのですが、「作品リスト」をアップしました。発表順の作品一覧です。作品目録よりは簡単にまとめてあります。これに明らかなように、秋田書店の『プリンセス』『ボニータ』等に掲載された作品はほとんどが未確認の状態です。コミックス掲載の初出情報も不完全で、ほとんどないのと同様です。実際に作品掲載雑誌にあたるしかないのですが、雑誌を見るためには東京の図書館に行く必要がありますので、なかなかはかどりません。どなたか、雑誌をまとめて譲っても良いという方がおられましたら、よろしくお願いいたします。

2003.10.10
 『ヤングレディ』昭和51年10月12日号を入手しました。「野辺の送りに消えた女」が掲載されています。この作品は『妖花』に収録されておりますが、これまで掲載誌がわかりませんでした。レディスコミック等は、まったく未知の世界です。見逃している作品も多いと思います。リストにない作品をご存じでしたら、ご教示をお願いいたします。

2003.8.1
 新マジシャン第2巻、発売です。入手しました。

2003.7.7
 高階良子先生のデビュー年を昭和39年に訂正しました。経過については「高階良子のデビュー作」に記入してあります。
 『サーカス殺人事件』発売です。
 しばらく更新をしなかったので、どこを更新したのかわからなくなってしまいました。作品目録等も少しずつ更新はしております。

2003.1.1
 秋田書店から発売の殺人事件シリーズ『美術部殺人事件』やっと入手しました。近隣の書店には在庫がなく、渋谷で購入しました。もっとも、文庫版を想像していましたので、探す場所を間違っていたかもしれません。無事入手できてホッとしています。
 本年も「高階良子の部屋」をよろしくお願いします。

2002.11.24
 これまで不明であった「ふたりだけの結婚式」の掲載が、『別冊少女フレンド』の42年11月号であったことが判明しましたので、データを加えました。

2002.9.21
 新作掲載雑誌を買い逃していました。ヤフーオークションで作品掲載を知り、書店を探しましたが、すでに次号が発売になっていました。結局オークションで譲っていただきました。ありがとうございました。『ミステリーボニータ』9月号に「妖かし研殺人事件」掲載です。
 また、『ミステリーボニータ』増刊「あの名作ミステリーが新作で読める。」も譲っていただきました。新作の「新マジシャン」の他「マジシャン〜空が燃えた日」、「理科室殺人事件」を再録しています。
 さらにコミックスのお知らせによると、新レーベルの超厚コミックス「ボニータコミックスα」が発売され、あの伝説の名作「殺人事件シリーズ」が21世紀版の新作×4作品で再び登場!!とのことです。10月17日(木)の発売です。

2002.7.7
 またまた長い眠りが続いてしまい、申し訳ありませんでした。新たに資料関係の部屋を作ったほか、更新は少しずつ続けています。
 『新マジシャン』の第1巻が発売になりましたね。更に続くとのこと、楽しみです。
 また、『ミステリーボニータ』7月号には「園芸部殺人事件」が掲載されています。

2002.4.7
 長い眠りから、とりあえず復活しました。順次資料を整理していくつもりです。
 角川ホラー文庫『くらやみに悪魔が!』が発売されました。また、『ミステリーボニータ』5月号に「美術部殺人事件」が掲載されています。

2002.1.15
 『ミステリーボニータ』2月号発売。「マジシャン」SPECIAL読み切り100ページが掲載されています。

2002.1.1
 高階良子先生が最初に雑誌に登場したのはいつなのでしょうか。私は、昭和42年の『別冊少女フレンド』に掲載された「夕やけ雲はしっている」あたりかと考えているのですが、いかがでしょうか。ご存じの方がおりましたら、ご教示をよろしくお願いします。
 本年も、高階良子先生の部屋をどうぞご贔屓に。

2001.12.2
 ヤフーオークションで購入した、高階先生の作品掲載雑誌がまとまって届きましたので、これらの雑誌に掲載の作品情報を加えました。 

2001.11.11
 『ミステリーボニータ』11月号に「死は密の匂い」80ページ、掲載です。前回の更新で入れ忘れていました。

2001.11.1
 開店3周年です。これまで情報提供等ありがとうございました。
 ボニータコミックス『魔獣封印』が発売になりました。最近の『ミステリーボニータ』掲載作品が収録されています。コミックス化にあたって、描き足された部分もありますので、雑誌を購入された方も購入の必要がありますよ。

2001.9.30
 文庫版「マジシャン」第13巻が発売になりました。ボニータ・コミックス版「マジシャン」の最終話であった「あやとりの糸」まで来ましたが、完結とはなっていません。11月が楽しみです。
 高階作品掲載の『希望の友』から、「バラのそよ風」「扉のむこうに」「銀色の谷」の情報をアップしました。
 『ミッキーお手をどうぞ』に収録されていた「町かどの麻理」の初出がわかりましたのでデータを加えました。

2001.8.26
 『なかよし』付録の「ヘア・プリンセス」完結編を入手しました。前編もぜひ入手したいです。
 また、『希望の友』を数冊購入しました。『少女フレンド』から『なかよし』に移る時期に、『希望の友』にも相当の作品発表があるようです。

2001.7.28
 文庫版「マジシャン」第12巻が発売になりました。また、『ミステリーボニータ』に新作「深淵の蒼い溜り」が掲載されました。

2001.6.24
 ダイとカイさんのご指摘に基づき、高階先生のデビュー年について考えるコーナーを「高階良子のデビュー作」のページの中に作りました。少し時間をかけて、様々な観点から検討したいと思っています。
 また、高階先生のご親戚である海猫さんのホームページを、リンクに加えました。

2001.5.13
 文庫版「マジシャン」第11巻が発売になりました。各種グッズの項を新設し、「マジシャン」のアルバムの内容を加えました。

2001.3.11
 文庫版「マジシャン」第10巻が発売になりました。また、『ミステリーボニータ』掲載予定の最新作は「マジシャン」の新作とのことです。楽しみですね。

2001.3.4
 『希望の友』1978年4月号を入手。「花かげろう」が掲載されています。これまで不明としておりましたので、作品目録等に新たに加えました。

2001.1.10
 文庫版「マジシャン」第9巻が発売になりました。

2001.1.1
 作品目録2に「シュート・NO.1」を加えました。今のところ確認できているのは、連載第5回のみですが、『希望の友』への連載です。コミックス未収録作品はまだまだありそうですね。
 本年も「高階良子の部屋」をよろしくお願いします。

2000.12.12
 『ミステリーボニータ』2001年1月号が発売になりました。また、継続して新入手雑誌の情報を更新しています。コミックス未収録の作品も相当ありそうです。今回は『希望の友 増刊号』に掲載された「誰かさんと誰かさん」の情報を加えました。
 目録3「プリンセス・ボニータの時代」をアップしました。ほとんどの作品が掲載誌未確認です。順次更新して行きます。

2000.11.12
 文庫版「マジシャン」第8巻が発売になりました。

2000.11.1
 HIRYUUさんの高階良子ホームページ「魔術師(MAGICIAN)の館」、ご都合により休止とのことです。ご連絡をいただきましたので、リンクをはずしました。

2000.9.17
 『青春ワンマン物語』、『まこちゃんかんぱい』を入手しました。これで、単行本は完集でしょうか。
まだ他にも単行本が発行されている可能性もあります。引き続き、探していきたいです。これからは、高階作品掲載雑誌の収集が中心となりますね。
文庫版「マジシャン」第7巻が発売になりました。

2000.8.13
 HIRYUUさんの高階良子ホームページ「魔術師(MAGICIAN)の館」がスタート。うれしいです。さっそくリンクをさせていただきました。

2000.7.16
 『ミステリーボニータ』、高階先生の次回作の情報をアップしました。

2000.7.8
 「アドニスの憂鬱な日々」の最終巻が発売になりました。また、「マジシャン」の5巻、6巻が同時発売になりました。

2000.6.18
 「光降る夜に」入手しました。うれしいです。また、作品目録の一部をアップしました。掲載誌等未確認の部分が多くありますので、ご指導をいただけるとありがたいです。

2000.6.11
 文庫版「マジシャン」の第4巻が発売になりました。
 最近、インターネット上の古本屋さんの目録に貸本漫画が掲載されることが多くなりました。高階先生の貸本が掲載されることもありますが、気付くのが遅く、いずれも入手し損なっています。残念ですが、楽しみが先に延びたと考えて次の機会を待ちましょう。

2000.5.28
 本当に久しぶりに、高階良子先生の貸本を入手する事ができました。残り数冊の未入手分については、ウェブ上で探求する事も考えています。その際はよろしくお願いします。

2000.4.16
 秋田文庫版『マジシャン』第3巻 が発売になりました。また、「アドニスの憂鬱な日々」がいよいよ最終回となりました。

2000.1.23
 文庫版「マジシャン」の第2巻が発売になりました。今年は高階良子先生の貸本を1冊でも手に入れたいです。また、漫画家としての出発となった同人誌『新界』なども見てみたいですね。
高階ファンの皆様、本年もよろしくお願いします。

1999.12.7
 新刊の情報を加えました。「マジシャン」発売。1話毎の初出掲載がありがたいです。講談社コミックスも、続刊を期待したいですね。

1999.11.7
 新刊の情報を加えました。今月からいよいよ「マジシャン」が文庫化されるようです。

1999.10.11
 講談社から新シリーズ『高階良子幻想ロマンセレクション』の刊行が始まりました。第1巻は「赤い迷路」です。これは良いのですが、続巻の予定がすでに再刊されている「死者の狩人」「魔界樹」なのは、少し残念です。
 「若木書房雑誌等発行月の推定」を新たに作った「貸本まんがの部屋」に移しました。

1999.9.5
 講談社漫画文庫等の情報を加えました。高階良子傑作選は5巻で終わりましたが、引き続き『コミックスなかよし』の作品が再刊されるようです。うれしいですね。

1999.7.18
 講談社漫画文庫の高階良子傑作選の第3巻『黒とかげ』、第4巻『血まみれ観音』が発売になりました。

1999.6.20
 講談社漫画文庫の高階良子傑作選全5巻の刊行が始まりました。5巻揃うのが楽しみです。

1999.5.5
 久しぶりに高階良子先生の貸本「続青春ワンマン物語」を入手しました。最近は入手が難しくなってきていますが、ゆっくりと探していこうと思います。

1999.3.15
 「若木書房雑誌等発行月の推定」を新たに作りました。これは、当時の貸本が奥付に発行日を入れていないため、推定の形でも明らかにしたいと思い、始めたものです。誤り等指摘していただけたら幸いです。(重いです。時間がかかるかもしれません。)

1999.2.22
 「アドニスの憂鬱な日々」第3巻が新発売になりました。コミックスの発売日はすべて奥付の発行日によっていますが、実際には1か月ほど早く発売されています。過去のコミックスについて、実際の発売日を推定していくのは不可能なので、巻末の発売日によるしかないのですが、新刊については、やはり変な感じが残りますね。

1999.2.3
 『コミック・ゴン』の特集によると、今年は高階先生の「なかよしKC」の文庫化が進められるようです。楽しみですね。リストには「赤い沼」が含まれていないのですが、これはぜひ文庫化していただきたい作品です。このホームページを開設してから、何人かの方に作品の問い合わせをいただいたのですが、それが皆「赤い沼」なのです。「タイトルは忘れてしまったけれど、とても怖かった記憶があり、ぜひもう一度読みたい」という作品です。『かごめかごめ』のわらべうたや『鬼子母神』そして『ザクロ』が記憶に焼き付いている。このような方は他にも多いのではないでしょうか。

1998.12.21
「貸本漫画のページ」にリンクを張らせていただきました。

1998.12.6
 カウンターの設定がまずく、他の部屋と連動して動いていたので、設定を直しました。12月5日から改めてカウント開始です。

1998.11.23
 一部手直しをいたしました。出版社毎のコミックスの詳細を加えました。重くなったり、見にくくなったりで、なかなか思うようにできません。若木書房刊行のコミックスはいわゆる「貸本」です。少女まんがの貸本は少年まんがほどのプレミアは付いておりませんが、それでも最近は高くなってきています。入手はなかなかはかどりませんが、気長に集めていこうと思ってます。

1998.11.1
 ホームページ開設に合わせ、高階良子先生の部屋をオープンしました。銚子市出身の漫画家である高階先生の資料を集めるとともに、語り合っていけたらと思います。まだ作成中の部分が多く、ご迷惑をおかけしますが、これからよろしくお願いします。